研修

【研修】階層別対応 グローバル研修のご案内

新入社員・若手社員・中堅社員・経営者向け階層別・グローバル研修のご案内

「世界で通用する人づくり、組織づくり」をテーマに日本企業のグローバル展開を支援している
グローバル人材戦略研究所(東京都港区)は、200社以上への導入実績があり、公開講座も開催している「グローバルマネジメント研修」をベースとした、新入社員、若手・中堅社員、管理職、経営者向け階層別のグローバル研修を提供しています。

・新入社員向けグローバルマインド研修
・若手・中堅社員向けグローバルコミュニケーション研修
・中間管理職向けグローバルマネジメント研修

・海外拠点経営者および候補者(上級管理職)向け海外経営組織論

・外国籍社員の受け入れをしている職場の上司や受入担当者向け異文化マネジメント研修
・国籍・性別・世代等多様な社員の受け入れをしている職場の上司や受入担当者向けダイバーシティマネジメント研修

より詳しい内容はこちらのご案内をご参照ください。

【ご案内】階層別 グローバルマネジメント研修
※上記研修は海外赴任者・出張者向け「グローバルマネジメント研修」の内容をベースとし、各階層別に対応しています。

【研修】人生100年時代の成長戦略 北斎チャレンジ

「世界で通用する人づくり、組織づくり」をテーマに日本企業のグローバル展開を支援しているグローバル人材戦略研究所(東京都港区)は世界を見据えたキャリア形成について考え・学ぶことの出来る研修プログラム「HOKUSAI Challenge ~北斎からの挑戦状~」を提供しています。

(HOKUSAI Challenge)
誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか・・・リンダ・グラットンのベストセラー
「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」では働き方、学び方、結婚、子育て、人生のすべてが変わるなかで100年時代の人生戦略を提唱していますが、実はそのヒントは日本の先人の生き方の中にありました。

今からおよそ200年前、鎖国中の江戸にいながらにして西欧に影響を与え、今なお世界にその名が知られる浮世絵師、葛飾北斎がその人です。90年に渡る生涯を通じ、常に学び成長を続けた北斎から我々が学べることとは・・・。

「なぜ、北斎は生涯にわたり常に変化・成長し続けることができたのか。」
「なぜ、北斎は“HOKUSAI”となり、国や時代を越え評価されているのか。」
「世界を舞台に評価される北斎から、私たちが学べることは何か。」

現代にいき、100年時代の人生のなかで未来を切り開いていく私たちへに突きつけられた挑戦状、
それが「HOKUSAI Challenge」です。

<主な対象者>
 グローバルを見据え、キャリア形成を考えていく必要のある方

<構成>
『HOKUSAI Challenge-北斎からの挑戦状-』は5つのパートから構成されています。

Ⅰ:大英博物館2017
生誕250年を超える北斎は今もなお、世界中で知られている。近年では、彼の作品が大英博物館にて特別展として展示され、世界各国から見学者を集めた。
 ・世界で注目される北斎
 ・ジャポニズム
 ・現代に見る北斎

Ⅱ:多様な学び
変わりもの、と言われた北斎。彼の生涯における「絵」へのアプローチは、当時の画家たちと異なるものであった。
 ・北斎の人生
 ・様々なジャンルへの挑戦
 ・北斎の学び(あらゆることから学ぶ)
 
Ⅲ:構図・誇り・遊び心
北斎は職人のプライドと遊び心を併せ持つが、譲ることのできないプライドもあった。
 ・北斎ブルーと構図
 ・画狂老人卍
 ・外国人に見せた意地

Ⅳ:成長
死の間際まで成長し続けた北斎の生き方と成長し続けようとした姿勢とは何か。
 ・改名と引っ越し
 ・一から始める
 ・北斎享年90歳、死の床で

資料ダウンロード:【ご案内】HOKUSAI CHALLENGE~北斎からの挑戦状~

関連研修:日本人の行動原理が外国籍社員に理解できる! “WA”がわかる!日本型組織文化研修

本件に関するお問合せ:グローバル人材戦略研究所 サービスサポート担当 (03-3403-0528 sales@ja-sol.jp)

【日本型組織文化研修】海外人材が日本の組織文化・発想の背景を理解できる

「世界で通用する人づくり、組織づくり」をテーマに日本企業のグローバル展開を支援しているグローバル人材戦略研究所(東京都港区)は外国籍社員や日本への出張者・出向者が日本の組織文化の発想・背景を理解できる研修プログラム「日本型組織文化研修」を提供しています。

(目的)
外国籍社員がもつ「なぜ日本人はそのように考え、行動するのか」という 組織文化の特徴、背景・理由が外国籍社員に理解できるようになります。

<主な対象者>
・日本採用の外国籍社員や本社への出向社員・出張者

<構成>
『日本型組織文化研修』は5つのパートから構成されています
1.オリエンテーション
・アイスブレーク

2.日本の概要・歴史と「わ」概念
・外部環境=自然(四季、災害)
・組織構造=農村型社会 (稲作、イエ、年功序列社会、日本 と欧米の会社観の違い)
・組織行動=礼儀(本音と建前、信用)
※ワーク「○を使って、日本の(組織)文化を表現」 「waエピソード紹介」

3.ビジネスコミュニケーションと日本人とのコミュニケーションのコツ
・コミュニケーション力とホウレンソウ
※ワーク「コミュニケーションケース作成」
・婉曲表現
・空気を読む
・「わかる」の3分類
・日本人の「No」
・日本人との英語コミュニケーションのポイント

資料ダウンロード:【ご案内】日本型組織文化研修 

本件に関するお問合せ:グローバル人材戦略研究所 サービスサポート担当 加藤(03-3403-0528 sales@ja-sol.jp)

【組織融合研修】組織変更、新卒・中途入社、外国籍社員採用、PMIなど 多様なメンバーがわかり合う、学び合う!

「世界で通用する人づくり、組織づくり」をテーマに日本企業のグローバル展開を支援しているグローバル人材戦略研究所(東京都港区)は多様なメンバー同士が違いを理解し、学び合いの職場風土を醸成するための研修プログラム「融合研修」を提供しています。

(目的)
日本人と外国籍社員等、多様なメンバー同士が互いの文化背景等、違いを理解し組織能力向上を図るために必要な考え方・テクニックを身につけ、学び合いの職場風土を醸成します。

<主な対象者>
・上司と部下はじめ、性別・世代・国籍等、背景の異なるメンバー同士パフォーマンスをあげる必要のある方

<特徴>
・立場や文化、背景の異なるメンバー同士が、理解を促進するために必要な考え方を紹介します。
・それぞれが果たすべき役割についてロールプレイ等を通じて理解し、組織目標達成のためのコミュニケーションテクニックを身につけます。           
・2つのゴール(個人の目標、チームの目標)について現状認識と課題を共有し研修終了後、90日間に職場でとるべき行動について合意します。

<構成>
『組織融合研修』は5つのパートから構成されています
1.イントロダクション
・問題意識の提示~避けたい未来、避けるべき悲劇~
・自分の取扱い説明書(アイスブレーク)

2.「違い」を理解する
・文化とは~見える部分、見えない部分~
・GapとDifference
・違いへのアプローチ
・仕事観を把握する
・社会類型別・回答傾向
 
3.コミュニケーション
・コミュニケーションとは 
・分かる、の3分類
・伝わるコミュニケーション・伝わらないコミュニケーション
・事実と認識
・ハラスメントにならい指示の徹底~フィードバック~
・提案の引き出し~対話技法~

4.異文化チーム形成
・異文化チームを形成し異なる立場、発想のメンバーと限られた時間内で目的を達成するための考え方・技術を身につける

5.実践にむけて
・今後90日間で取り組む課題と対応策の明確化(90日間実践シートの作成)

資料ダウンロード:組織融合研修 ご案内

本件に関するお問合せ:グローバル人材戦略研究所 サービスサポート担当 加藤(03-3403-0528 sales@ja-sol.jp)

【海外経営組織論】経営者として押さえておくべき組織・人事ポイントを網羅!

「世界で通用する人づくり、組織づくり」をテーマに日本企業のグローバル展開を支援しているグローバル人材戦略研究所(東京都港区)は海外拠点経営者および本社担当者が押さえておくべき組織・人事上のポイントを半日で理解できる研修プログラム「海外経営組織論」を提供しています。

(海外経営組織論)
海外拠点経営者および本社担当者として押さえておくべき組織・人事テーマについて組織構造(等級・報酬・評価制度等)・組織行動(人材確保・選抜・育成・キャリアパス・離職等)、およびリスク(ハラスメント・労働組合関連)の観点から紹介します。

<主な対象者>
・海外拠点の経営者
・今後海外拠点の経営を担う可能性のある方
・日本本社で海外拠点の窓口となるの担当者

<特徴>
・海外拠点経営において押さえておくべき組織・人事上のテーマを網羅
・レーダーチャートで課題を可視化
・自己診断ができるチェックシートつき

<構成>
『海外経営組織論』は3つのパートから構成されています
1.イントロダクション~海外経営組織論と課題の可視化~
チェックシートによる自己診断、レーダーチャート作成、問題意識の共有

2.海外拠点経営者として押さえておくべき組織・人事マネジメントのテーマ
事業背景・戦略、人材確保、雇用形態・就業規則、基幹人事制度(等級・評価・報酬)、選抜、育成、キャリアパス、離職、マネジメント、ハラスメント、労働組合関連、リスク対応、本社・拠点間コミュニケーション

3.実践にむけて
今後90日間で取り組む課題と対応策の明確化

資料ダウンロード:海外経営組織論 ご案内

本件に関するお問合せ:グローバル人材戦略研究所 サービスサポート担当 加藤(03-3403-0528 sales@ja-sol.jp)