リリース

【メディア掲載】日本経済新聞

日本経済新聞(2019年2月19日) Bizワザ 外国人と仕事、にてグローバル人材戦略研究所 小平達也がコメントしています。

(関連情報)

【関連レポート】外国籍社員の活用と多様性のマネジメント
【外国籍社員向けオンライン研修】日本型コミュニケーション研修 Japan On Board(JOB)
【上司向け公開講座】4月25日開催 グローバルマネジメント研修
【上司向けオンライン研修】グローバルマネジメント基礎講座 

【外国籍社員向けオンライン研修】日本型コミュニケーション講座

「世界で通用する人づくり、組織づくり」をテーマに日本企業のグローバル展開を支援しているグローバル人材戦略研究所(東京都港区)は長年、外国籍社員や日本への出張者・出向者が日本の組織文化の発想・背景を理解できる研修プログラム「日本型組織文化研修」を提供していますが、このたびオンラインでも受講できる日本型コミュニケーション講座のサービス提供を開始します。

■日本型コミュニケーション講座 Japan On Board(JOB)とは?

・オンボードディング(Onboarding)とは「内定から入社後までの一連の流れ、定着プロセス」全体を示す言葉で、採用と活用の接着剤となります。このプロセスを適切に行うことにより、早期離職防止だけでなく早期の組織への適応と能力発揮が促進されます。

・国内・外問わず、日本企業で働く外国籍社員を対象としたコミュニケーション研修です。外国籍社員が悩み困りやすいポイントと対応テクニックを紹介します。

・30カ国以上の方々の参加実績がある研修に基づいて制作されています。

・パソコン・スマートフォンで受講が可能。所要時間は1教材3分、合計1時間程度です。いつでも、どこでも、効率よく学ぶことが出来ます。

・ナレーションは日本語・英語バイリンガルの女子アナウンサーが対応しています。

 

■対象

日本国内・外の日本(日系)企業で働く外国籍社員

※外国籍社員と一緒に働く日本人社員が受講し、職場でのコミュニケーション改善方法について話し合うツールとしての使用も可能です

 

■動画案内

日本型コミュニケーション講座
Japan On Board 

※日本型コミュニケーション講座は【事例】【概要】【解説】より構成されています。
各事例は以下より登録不要で視聴できます。

(事例)
事例1.
私の不満(日本の人材育成)
My Dissatisfaction

事例2.
消えた書類
The Lost Document

事例3.
同僚の謎
Mysterious Colleague

事例4.
私の不安
My Concern

事例5.
沈黙する上司 
The Silent Boss

(使用方法)
1.動画で各事例を視聴し、ケースブックの設問に回答してください。

2.自分のエピソードや回答内容を上司や同僚と共有し、認識や方法の一致点・相違点、今後よりよいコミュニケーションの改善点・コツについて共有してください。

3.日本型コミュニケーション講座(Japan On Board)ケースブックは無料でダウンロードできます。

日本型コミュニケーション講座 ケースブック
(小冊子、として両面印刷するとそのままケースブックとして活用できます)

ケースブック ダウンロードお問合せ

※資料ダウンロード:【ご案内】日本型コミュニケーション講座

 

(関連情報)

・レポート:外国籍社員と多様性のマネジメント

・日本人向けオンライン研修:グローバルマネジメント基礎講座

【ご案内】日本型組織文化研修 

 

 

【第7回】看護・介護にかかわる外国人のための日本語スピーチコンテスト

グローバル人材戦略研究所 所長の小平達也が審査員を務める「看護・介護にかかわる外国人のための日本語スピーチコンテスト(主催:一般財団法人海外産業人材育成協会(AOTS)
共催:独立行政法人国際交流基金)」が開催されました。

看護・介護にかかわる外国人のための日本語スピーチコンテスト

厚生労働省 高度外国人材~雇用管理改善に役立つ好事例集~

グローバル人材戦略研究所 所長 小平達也が委員として参加した厚生労働省 高度外国人材にとって魅力ある就労環境を整備するために~雇用管理改善に役立つ好事例集~がリリースされておりますのでご案内いたします。

(雇用管理改善の10テーマ)
1.自身の専門性を生かせる部門への配置・異動
2.メンター制度をはじめ各種相談体制の充実度
3.キャリアアップできる環境になっているか
4.ワーク・ライフ・バランスの達成のしやすさ
5.英語などでも働ける就労環境の整備
6.昇給のための基準の明確化
7.ICTの活用など業務の効率化
8.能力・業績に応じた報酬
9.テレワークなどの柔軟な働き方
10.仕事の内容の明確化(ジョブディスクリプション整備)

詳細・好事例集のダウンロードは厚生労働省のサイトよりご確認いただけます。

【無料配布】多様な部下に対応!コミュニケーション・マネジメント・育成ポイントがわかる『グローバルマネジメント90日間実践ノート』提供開始

「世界で通用する人づくり、組織づくり」をテーマに外国人社員の活用・育成を支援しているグローバル人材戦略研究所(東京都港区)は外国籍社員はじめ多様な部下に向き合う際のコミュニケーション・マネジメント・育成ポイントがわかる実践のための支援ツール『グローバルマネジメント90日間実践ノート』の無償提供を開始致しました。

(提供の背景・期待される効果)
初めての海外赴任先で「グローバルマネジメント3つの壁」と言える「アウェイである海外で言語、習慣等の違いへの対応」「より高いポジション・責任への対応」「海外で『いきなり』管理職としての対応」に直面している方も少なくありません。今回提供を開始する実践ノートを活用することにより、赴任者がより適切に外国籍スタッフと向き合い・成長を支援することが可能となります。
本実践ノートは、日本国内で外国人部下を持つ方や国籍に関わらず多様な部下のマネジメントの必要のある方にもご活用いただける内容となっています。

<主な対象者>
・海外駐在員または海外駐在の可能性がある方
・日本国内で外国人部下をもつ方
・国籍・性別・年齢・契約形態等、多様な部下の育成・マネジメントの必要のある方

<特徴>
・多様な背景をもつ部下と向き合う際の6つの必須分野を体系的に網羅
・6つの分野別に30日・60日・90日ごとに各項目を記入する形式となっており、振り返りおよび今後の行動計画が容易に立てられる
・国内外で多様な部下とのコミュニケーション・マネジメント・育成に役立つ内容

<構成>
『グローバルマネジメント90日間実践ノート』は6つのパートから構成されています。
(1)「違い」の理解  
(2)「違い」への対応
(3)「違い」を価値創造に変える
(4)異文化チーム形成
(5)部下の育成
(6)マネジメント持論作成

各パートに【ポイント・留意すべきこと】が記載されており、それに基づいて「目標・留意すること」と「達成できたこと」及び「今後の課題」を自由に記入できるノート形式になっています。

■ダウンロード先:グローバルマネジメント90日間実践ノート(201608 ダウンロード版)

※印刷時は小冊子印刷、として印刷してください。ホチキス止めにより、そのままノートとして活用できます。
※個人の方および第三者への提供を目的とした方、当社と同業種の方にはお配りしておりませんので予めご了承ください。
※ダウンロード用のパスワードは以下よりお問い合わせください。
お問合せ