メディア掲載

【コラム】読売オンライン「外国人の同僚とうまくやるコミュニケーション術」

読売オンライン「外国人の同僚とうまくやるコミュニケーション術」にてグローバル人材戦略研究所 所長 小平達也が寄稿しております。

・外国籍社員との間に「見えない壁」
・ボタン掛け違い、離職につながるケースも
・カタカナ語・外来語使用に注意
・日本人が避けるべき言葉や態度

関連研修:日本国内で外国籍社員を部下に持つ上司・メンターに求められるコミュニケーションと避けるべきタブーとは?     【公開講座】異文化マネジメント研修

  

【メディア掲載】中国人エリートは日本をめざす 

「中国人エリートは日本をめざす」 第6章 ダイバーシティをめざす日本企業に足りないもの にてグローバル人材戦略研究所 所長の小平達也がコメントしております。

中国人エリートは日本をめざす – なぜ東大は中国人だらけなのか? (中公新書ラクレ 565) – 2016/10/5
中島 恵 (著)

2015年の流行語大賞に輝いた「爆買い」は序章に過ぎない。
中国人、とくにエリート層の関心はモノではなく、ずばり「日本買い」に向かっている。
東大、京大、東工大、早稲田……。日本の一流大学をめざす予備校まで日本に存在する。
「日本を一流大学を卒業して、日本の一流企業に就職する。そして将来は日本に永住したい」という彼ら。
中国人エリートは、日本の何にあこがれているのか!

目次
プロローグ 中国人とっての”楽園”–それは日本だった
第1章 東大、早稲田……日本に留学したい本当の理由
第2章 留学生を支える予備校ビジネスの実態
第3章 過酷すぎる中国の大学受験戦争
第4章 一八歳人口の減少におびえる日本の大学
第5章 なぜ彼らは日本で働きたいのか
第6章 ダイバーシティをめざす日本企業に足りないもの
第7章 日本を選んだ中国人エリートの先駆者たち
エピローグ 競争、我慢、忍耐–これが中国人の人生だ

【メディア掲載】大学の約束(2016-2017)

大学の約束(2016-2017)にてグローバル人材戦略研究所 所長の小平達也がコメントしております。

抜粋
「今の学生にとって、競争相手は同じ日本人学生だけではありません。外国人学生や、急激に進化中の人工知能もライバルです。彼らに勝つには、異文化の中で戦うための基礎力が不可欠。また、『学び続ける力』も重要になるでしょう。大学には、そうした力を学生にたたき込んでほしい」

【メディア掲載】日本経済新聞 外国籍社員、職場に風穴 土壌作りへ企業も研修

日本経済新聞 働き方・社会貢献「外国籍社員、職場に風穴 土壌作りへ企業も研修」(2016年8月25日号)にてグローバル人材戦略研究所 所長の小平達也がコメントしております。

関連して、9月15日(木)には外国籍社員を部下に持つ上司・メンター向け公開講座「異文化マネジメント研修」も開催いたしますのでよろしければご参照ください。