セミナー

【講演】日本経団連にて講演「日本企業の求めるグローバル人材の素質・能力やグローバル人材育成に向けて企業や大学に求められる取り組み」

10月29日に日本経団連 教育問題委員会企画部会にて弊社小平が行った講演について日本経団連タイムスにて掲載されております。

日本経団連タイムスN0.3020(2010年11月11日)より転載。

グローバル人材育成に向け産学連携の推進を

-日本企業の求めるグローバル人材について聞く/教育問題委員会企画部会

 

日本経団連の教育問題委員会企画部会(岩波利光部会長)は10月29日、東京・大手町の経団連会館で会合を開催し、日本企業の求めるグローバル人材の素質・能力や、グローバル人材育成に向けて、企業や大学に求められる取り組みについて、ジェイエーエスの小平達也社長から説明を受けるとともに意見交換した。

                                                                                                                                         

冒頭、小平氏は、「最近の日本企業による外国人人材の採用に関して、海外拠点における採用数が増加した結果、グローバル連結経営のなかで、日本の本社における新卒採用自体、数字上はマイナーなものになりつつある」と指摘した。また、「日本人、外国人を問わず、人材の二極化が進んでおり、人材分布は正規分布ではなく、ツイン・ピークス型になりつつある」と述べた。具体的には、「全く内定のとれない日本人学生がいる一方、複数の日本企業から内定をもらう外国人留学生もいる。また、新入社員を対象としたアンケート結果では、海外で働きたいと思わないとする回答が49%を占める一方で、どんな国・地域でも働きたいとして、強い海外志向を示す回答も過去最高の27%になっている」と説明した。

                                                                                                                                         

続いて、グローバル人材に求められる素質・能力として、(1)どの国・地域でも共通して求められるマネージャー、リーダーとしての役割(2)どの国・地域でも求められるが、国・地域によってやり方を変えるべきコミュニケーション能力や対人理解力(3)国や地域によって異なる文化や労働・商慣行を理解する異文化適応力――の3つを挙げた。

                                                                                                                                         

次に、小平氏は、日本企業における外国人留学生などの外国人人材の採用・活用における課題として、まず母集団にかかわる問題を指摘。「日本の大学等で学ぶ外国人留学生の大多数が中国人文科系学生で占められている現状では、企業の通常の採用アプローチで、それ以外の外国人留学生にアプローチすることは難しい」と述べた。また、「日本人学生にとって、日本企業は、製品・サービス面で魅力があり、企業文化や社風、経営者の顔も見えているが、留学生などの外国人には、製品・サービス面での魅力が薄れてきているのに加えて、企業文化や社風、経営者の顔が全く見えていない」という問題を挙げ、「外国人人材を採用する場合は、入社前後に、自社の企業文化や社風に合うよう社会化する必要がある」と述べた。さらに、外国人人材の場合、「大学名等の属性で彼らの専門知識を見極めることが難しいのに加えて、日本語能力についても、日本語試験が複数存在し、テスト間の互換性もないことなどから、彼らの“優秀さ”の客観的な判断が難しい」と指摘した。

                                                                                                                                         

最後に、グローバル人材育成に向けて今後、企業や大学に求められる取り組みとして小平氏は、(1)共同研究にとどまらないグローバル人材育成に向けた産学連携の推進(2)留学生の能力を客観的に評価するため、TOEICや日本語検定など、大学と企業間で指標を共有化したうえで、それらの指標の社会的な通用性を高めること(3)インターンシップや企業の寄付による冠講座、大学で実施するプロジェクト・ベースド・ラーニング(注)の推進――など、企業と大学の接点をさらに拡大すべきであると提案した。

                                                                                                                                         

(注)プロジェクト・ベースド・ラーニング(Project-Based Learning、PBL)=少人数による課題解決型授業。学生が自ら課題を設定し、その解決法を見いだすことで、学生の問題発見、課題解決能力を伸ばすことを目的とする教育。

7月13日開催 グローバル経営における最適なコミュニケーションとチームコラボレーション事例―ひと(人事)とIT(情報システム)の融合を探る―<グローバル人材戦略研究会>

テーマ:グローバル経営における最適なコミュニケーションとチームコラボレーション事例―ひと(人事)とIT(情報システム)の融合を探る―

概要:
「ミッション・経営方針の浸透」
「事業計画の共有」
「日々のコミュニケーション」

本社と現地法人のみならず、現地法人間も含め伝達・共有すべき内容の質・量は飛躍的に拡大をしています。コミュニケーション手法には電話やメール、出張にはじまり、集合型のグローバル会議、ITを駆使したTV会議やグローバルポータルサイト開設等様々ありますが、事業目標達成と経費削減の両立を実現しうる最適なコミュニケーションスタイルはどのようなものが考えられるでしょうか。

今回はグローバル展開・成長を続ける大手メーカーのマネージャーをゲストに招き、「グローバル・ワークスタイルの進化(中)を支えるITインフラ」というテーマで、ひと(人事)とIT(情報システム)の融合について事例紹介と今後目指すべき方向性などについて議論を深めていきたいと思います。

プログラム(予定):
15:30 開催挨拶
15:40 背景・概要紹介
16:00 ディスカッション、質疑応答
17:30 解散

講師:
小平達也
・株式会社ジェイエーエス 代表取締役社長

※大手グローバルメーカーで全社コミュニケーション戦略の立案・実施に携わるマネージャーをゲストスピーカーにお迎えして進めます。

対象:企業経営者、人事部門責任者・担当者、IT部門責任者・担当者

定員:10名

日時:7月13日(火)15:30~17:30(受付開始 15:15)

場所:(社)経済倶楽部 第一会議室

住所:東京都中央区日本橋本石町1-2-1 東洋経済ビル9階
   最寄駅:地下鉄半蔵門線「三越前」下車 B3出口 0分

申込:
※お申込後、申込確認メールの返信をもって正式受付とさせていただき
ご依頼内容を「7月13日開催 グローバル人材戦略研究会参加申込」
とし、本文にて以下をご記入のうえご連絡ください。

1.部署
2.お役職

参加費:1名 5,000円 
※弊社より請求書を発行いたします。到着次第、指定口座へお振込みください。
※初めて参加される方は初回に限り無料です。
※各回のテーマは随時追加・更新されます。ご興味のある回・テーマにご参加いただけます。
※弊社と同業種のサービスを提供されている企業様のお申込みはご遠慮いただいております。ご了承くださいますようお願い申し上げます。
      
主催:株式会社ジェイエーエス

5月7日開催 グローバル人材の「優秀さ」をどう見極めるか<グローバル人材戦略研究会>

テーマ:グローバル人材の「優秀さ」をどう見極めるか

概要:グローバル人材の対象は日本国内においては「日本人社員のグローバル対応、留学生など海外人材、逆出向(インパトリエット、受入出向)」などがある一方、海外においては「日本人赴任者(エクスパトリエット)、現地社員、現地社員の第三国での活用」などがあり、その多様な対象に対して客観的な「優秀さ」の見極めが重要になっています。今回のグローバル人材戦略研究会ではこの「グローバル人材の『優秀さ』をどう見極めるか」をテーマに議論を進めていきます。
 前半パートではジェイエーエス 小平より人材マネジメント上の位置づけ、対象人材、評価方法、実施内容などについて現状の整理を行います。後半パートではオリエスシェアードサービス 横田より18言語に対応し世界37カ国で利用されている人の行動特性を分析するアセスメントツール「Harrison Assessments(HA)」により定義した中国・インド・ベトナム・ラオス・タイ等、各国人材の特徴について行動特性の観点から把握・共有しよりよい活用と定着へのヒントを共有します。

プログラム(予定):
15:30 主催者開催挨拶
15:40 ①「グローバル人材マネジメントにおける評価対象と手法」
16:00 ②「行動特性から見た外国人社員の特徴とマネジメント」
16:40 ディスカッション、質疑応答
17:30 解散

講師:
①小平達也
・株式会社ジェイエーエス 代表取締役社長
・厚生労働省 企業における高度外国人材活用促進事業 調査検討委員会 委員
・文部科学省 検定試験の評価の在り方に関する有識者会議 委員
・国立大学法人東京外国語大学 多言語・多文化教育研究センター コーディネーター養成プログラム アドバイザー(2009年度)

 大手人材サービス会社で「グローバル採用支援プログラム」を開発。中国事業部、中国(大連)法人および海外事業部を立ち上げ事業部長および董事(取締役)をつとめたのち、現職。日本企業のグローバル展開を組織・人材マネジメントの点から支援している。

②横田大伸
・株式会社オリエスシェアードサービス 代表取締役社長
1990年に(株)オリエンタルコンサルタンツに入社し、経営施策の企画立案・推進に従事。2002年に(株)オリエス総合研究所の取締役に就任し、HAを活用した人材コンサルティングビジネスを確立、2006年に現職のオリエスシェアードサービスの代表取締役に就任し、人事、総務、経理、IT運用管理などのバックオフィス業務について、質の向上とコスト縮減を実現するビジネスコンサルティングサービスを推進している。また、自社グループの事例を活かして、外国人や女性、高齢者におけるダイバーシティマネジメント支援を展開している。

対象:企業経営者、人事部門責任者・担当者

定員:10名

日時:5月7日(金)15:30~17:30(受付開始 15:15)

場所:(社)経済倶楽部 第一会議室

住所:東京都中央区日本橋本石町1-2-1 東洋経済ビル9階
   最寄駅:地下鉄半蔵門線「三越前」下車 B3出口 0分

申込:
※お申込後、申込確認メールの返信をもって正式受付とさせていただき
ご依頼内容を「5月7日開催 グローバル人材戦略研究会参加申込」
とし、本文にて以下をご記入のうえご連絡ください。

1.部署
2.お役職

参加費:1名 5,000円 
※弊社より請求書を発行いたします。到着次第、指定口座へお振込みください。
※初めて参加される方は初回に限り無料です。
※各回のテーマは随時追加・更新されます。ご興味のある回・テーマにご参加いただけます。
※弊社と同業種のサービスを提供されている企業様のお申込みはご遠慮いただいております。ご了承くださいますようお願い申し上げます。
      
主催:株式会社ジェイエーエス

【関連情報】
導入事例説明会 グローバル人材マネジメントにおける行動特性ツールの活用
グローバル人材戦略研究会
4月9日開催 グローバル人材戦略研究会 テーマ「外国人社員 受入・活用マニュアル作成 10のポイント」

「どう活かす、高度外国人材!~グローバルに戦う企業が持つべき人事戦略を考える~」~グローバルに戦う企業が持つべき人事戦略を考える~」(主催 厚生労働省)

 ジェイエーエス(Japan Active Solutions) 代表取締役社長 小平達也が委員をつとめる厚生労働省 高度外国人材活用に向けた人事・労務管理のあり方に関する調査検討委員会のフォーラム「どう活かす、高度外国人材!~グローバルに戦う企業が持つべき人事戦略を考える~」が開催されます。

フォーラムタイトル:
 どう活かす、高度外国人材!~グローバルに戦う企業が持つべき人事戦略を考える~

フォーラム趣旨:
 経済のグローバル化が進展する中で、世界はグローバルな高度人材獲得競争の最中にあります。その中で、日本も、諸外国の高度人材から選ばれる立場である時代となっています。優秀な人材、トップ人材が日本に来たい、日本で働きたいと思える魅力ある国・環境を創っていく必要があります。

 しかしながら、高度外国人材活用に関する我が国の現状を見ると、我が国の出入国管理制度は比較的開放的と評価されているものの、①企業において、高度外国人材から日本企業が必ずしも魅力ある就業先として選ばれていない、②高度外国人材ならではの長所が必ずしも活かされている訳ではない、③高度外国人材が定着しない、などの課題を抱えています。

 今回のフォーラムでは、アンケート調査、文献調査、企業へのインタビューから得られた、具体的な高度外国人材の受け入れや、活用の意義、具体的な人事・労務管理の方法等のご紹介及び、外国人材の活用が進んだ企業による講演、パネルディスカッションを行います。

主催:厚生労働省

日時:2月16日(大阪)、2月23日(名古屋)、3月1日(福岡)、3月5日(東京)

詳細:http://jp.fujitsu.com/fri/events/mhlw2010-01.html

関連情報:
11月24日 高度人材活用促進に向けてー人口減少社会での経済活力維持のために 動画配信
2月5日開催 グローバル人材戦略研究会 2010年 人事のグローバル対応 ー採用・活用・育成ー