【コラム】次世代リーダーのつくり方 リーダーシップとリベラルアーツの関係

グローバル人材戦略研究所が行っている次世代リーダー育成の選抜型研修『グローバルゼミ』などのプログラムでは、独自の視点・論点設定のために受講者同士が切磋琢磨していますが、今回のコラムではリーダーシップとリベラルアーツの関係についてご紹介します。

・リーダーシップとマネジメントの違い
・次世代リーダーに求められる5つの領域
・土台としてのリベラルアーツ

日本の人事部 コラム
【次世代リーダーのつくり方】リーダーシップとリベラルアーツの関係

【ダウンロード資料】〈歓声が上がる!盛り上がる! すごろくワーク〉ダイバーシティ コミュニケーション

〈すごろくワーク〉ダイバーシティ コミュニケーションとは?
ゲームを通じてダイバーシティへの理解、コミュニケーションの留意ポイントへの理解が深められるものです。
ダウンロードの上、そのままご活用いただくことができます。

(主な対象)
・若手社員、中堅社員

(ポイント)
・ゲームを通じてダイバーシティへの理解が深められるものです。

・内容は「自己開示」「ダイバーシティ概論」「違いの理解」「無意識バイアス」「実践に向けて」から構成されています。

・標準所要時間は90分~120分、1グループあたり3~5名です。進め方はすごろくワークシートに記載しています。

・講義前のアイスブレーク・意識付けや講義後の知識の定着・応用として、グローバル人材戦略研究所の研修で活用しているものですが、ダウンロードの上、すごろく単体でもご活用いただくことができます。

(ダウンロード先)
【ダウンロード用】ダイバーシティコミュニケーション研修_すごろく

(すごろくワークシリーズ)
以下のシリーズのリリースも予定しています。追って弊社サイトでご案内します。

・異文化研修
 対象:新入社員
 内容:性別、地域、国籍など背景の異なる新入社員同士が、互いに理解を促進するとともに、組織文化を理解するために必要な考え方を学ぶ。 

・グローバルマインド
 対象:新入社員・若手社員
 内容:将来海外へ出張や出向などで働くことを踏まえたグローバルマインドセットを図る。

・グローバルマネジメント
 対象:管理職、海外赴任者(候補者)
 内容:海外赴任者に求められる異文化対応ポイントやコミュニケーションについて学ぶ。

・グローバルマネジメント~リスク管理編~
 対象:管理職、海外赴任者(候補者)
 内容:個人が対応すべき海外安全対策を理解することによりリスク管理向上を図る。

・Japanese mind
 対象:外国籍社員
 内容:日本企業で求められる日本型組織文化への対応ポイントやコミュニケーションについて学ぶ。

・リベラルアーツ
 対象:新入社員~中堅社員
 内容:自分のもつ見方・認知フレーム・バイアスを理解するとともに、視野を広げ一つの事象に対し多様な視点を持ち可能性を広げるための考え方と方法論を学ぶ。

7月18日開催 第52回【ライブ型・異業種交流・1日公開講座】グローバルマネジメント研修(リモート編)

2015年から開催している異業種交流型の公開講座で7月18日は第52回目となります。

海外で伝わるコミュニケーション、マネジメント、部下育成はじめ、駐在員のリスク管理にも対応した内容で、今まで110社を超える企業の皆様にご参加いただいています。

■開催日時:2024年 3月21日5月16日、7月18日、9月19日、11月21日
     10:00-16:00(受付開始 9:45)

■対象:海外赴任予定者、海外出張者など海外でマネジメントに関係する方々(リモートマネジメント含む)および国内で外国籍社員のマネジメントに関連する方々

■研修会場:Zoomシステムを使い、双方向型・ライブ配信のオンラインにて行います(オンラインのみでの開催となります)。

■教材ダウンロード:受講者の方に別途パスワードをご案内します。
教材ダウンロード_202405
特典ダウンロード_202302

■開催案内(パンフレット):
【ご案内】2024公開講座 リモート対応 グローバルマネジメント研修(パンフレット)

■開催レポート(リモート編):グローバルマネジメント研修(リモート編)開催レポート

■紹介動画(リモート編):グローバルマネジメント研修(リモート編)紹介動画

※集合編
■開催レポート(集合編):グローバルマネジメント研修(集合編)開催レポート

■紹介動画:「なぜ、海外で失敗するのか~外国籍社員の3大不満とは?~」

■【関連レポート】グローバル経営と次世代経営者・駐在員の育成

■参加者様のご感想

「異業種交流型で同じ問題意識をもつ他社の方とコミュニケーションを図ることができ、人脈も広げることができました」

「海外赴任先で直面する課題に対し、具体的な問題解決方法が示されており大変有意義だった」

「これまで漫然としていた外国人部下へのマネジメントに関する整理ができた」

「日常業務で概念的に理解していた部分もあったが、改めて理論的裏付けも含め整理でき、またロールプレイ等で行動に落とし込める内容だった」

「情報インプットだけでなく、考えさせるワークが多く良かった」

「他社からの参加者の意見も伺えたので理論と合わせ実践のための視野が広がりました」

■お申込方法:こちらよりお申込みください。
※受付は弊社よりの受付確認メールにより確定されます。
※定員に達し次第受付終了とさせていただきますので予めご了承ください。

※企業内集合型研修も承っております。詳細等はサービスサポート担当までお問合せください。

【メディア掲載】経団連 グローバル人材育成スカラーシップ事業

「世界で通用する人づくり、組織づくり」をテーマに活動しているグローバル人材戦略研究所 代表取締役 小平達也による経団連グローバル人材育成スカラーシップ事業での講演が週刊 経団連タイムス 2024年5月16日にて紹介されています。

将来、グローバルなビジネス領域で活躍する意思を持つ学生に奨学金を支給する「経団連グローバル人材育成スカラーシップ事業」は今年で14年目を迎えますが、4月4日、2024年度奨学生を対象に行った「課題共有会」では留学中の学修・経験をより充実したものにする一助として、奨学生が留学前にあらかじめ各自の課題や目標を具体化するために実施しており、グローバル人材戦略研究所 代表取締役 小平達也よりは、「世界情勢の変化は激しく、私たちは何が起こるか分からない世界で生きている。未来は過去の延長線上にはない」と訴え、「ぜひ自分の手で未来を切り開いてほしい」と奨学生を激励しました。

週刊 経団連タイムス 2024年5月16日

【コラム】外国籍社員とのコミュニケーション~安全対策での注意点~

日本経済新聞の記事「日本人人口、減少幅最大の83万人 外国人が労働力補う」(2024年4月12日)によると外国人の労働者は23年10月末時点で204万人と初めて200万人を超え、少子高齢化が進む日本で働いてもらうには条件緩和で間口を広げるほか、生活環境の整備や日本語教育の充実など総合的な対策が急務となるということです。

日本語を母国語としない方々と職場でコミュニケーションを進めるに当たり、注意すべき日本語というものがいくつかあるのですが、今回はその中でも安全管理に直結する「オノマトペ」についてご紹介します。

日本の人事部 コラム
外国籍社員とのコミュニケーション~安全対策での注意点~